茶道具の買取は札幌壷中堂 011-758-7020 茶道具買取北海道札幌市で一番の買取量を確保 茶道具の買取は札幌壷中堂 011-758-7020
 

有限会社壷中堂(茶道具商 壺中堂)|茶道具小売・買取・鑑定|北海道札幌市

qrcode.png
https://www.kochudou.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

茶道具商 壷中堂
〒001-0023
北海道札幌市北区

北二十三条西4丁目1-18

 吉野ビル1F
TEL.011-758-7020
FAX.011-726-1617

─────────────────
1.茶道具 小売・買取・鑑定
2.美術工芸品 小売・買取・鑑定
3.掛け軸 小売・買取・鑑定

─────────────────

北海道公安委員会許可
第101045400056 美術商
074763
 

ブログ

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
買取しました。
2021-02-18
古瀬戸と称する茶入を買取しました。
縞柿の挽家に収納された立派なしつらえでしたが、よく見られる人工時代付された茶入です。
中性洗剤で洗浄すると底の部分が白くなります。
皆さま、くれぐれも、ご注意くださいね。
 
仕入れしました。
2021-02-16
楽山焼茶碗 11代長岡空権作を仕入いたしました。
出雲の名窯楽山焼は、権兵焼以来その作風を伝承して11代長岡空権に至る。
萩の名工倉橋権兵衛を出雲に迎えて開かれたのが出雲楽山焼です。
祖父の9代空味も名工と言われ、11代に良き足跡を残しています。
伊羅保や刷毛目作品を主に作陶。
 
仕入れしました。
2021-02-13
伊勢崎 満作の備前焼火襷茶入を仕入いたしました。
※昭和9年生まれ。日本工芸会正会員。師=父 陽山。
現陶展入選 日陶展招待入選3回 岡山日日新聞文化賞 金重陶陽賞など。
岡山県備前市伊部。
 
仕入れしました。
2021-02-12
染付萬歴文喰篭を仕入いたしました。
作家は膳所焼先代 陽炎園 岩崎新定。
萬歴は中国明時代の年号で、主に景徳鎮で焼かれた染付。
遠州公七窯の内でしたが、先代 健三が復興。
 
仕入れしました。
2021-02-06
表千家家元而妙斎好みの老松蒔絵大棗を仕入いたしました。
 
作家は6代(当代)川端近左です。大阪の蒔絵師で昭和22年の生まれ。
平成12年6代襲名。三千家各家元の好み物を多数製作。
「十の内」で最高の出来です。在判箱書。内梨地仕上げ。7×7㎝
<<有限会社壷中堂>> 〒001-0023 北海道札幌市北区北二十三条西4丁目1-18 吉野ビル1F TEL:011-758-7020 FAX:011-726-1617
茶道具の買取は札幌壷中堂 011-758-7020