茶道具の買取は札幌壷中堂 011-758-7020 茶道具買取北海道札幌市で一番の買取量を確保 茶道具の買取は札幌壷中堂 011-758-7020
 

有限会社壷中堂(茶道具商 壺中堂)|茶道具小売・買取・鑑定|北海道札幌市

qrcode.png
https://www.kochudou.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

茶道具商 壷中堂
〒001-0023
北海道札幌市北区

北二十三条西4丁目1-18

 吉野ビル1F
TEL.011-758-7020
FAX.011-726-1617

─────────────────
1.茶道具 小売・買取・鑑定
2.美術工芸品 小売・買取・鑑定
3.掛け軸 小売・買取・鑑定

─────────────────

北海道公安委員会許可
第101045400056 美術商
067039
 

ブログ

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
買取しました。
2020-07-13
北海道の奈井江町のS様より美濃焼の陶芸家、加藤光右衛門作の志野水指ほか数点買取させて頂きました。
亡くなった伯母さんの茶道具だそうで、高価なものはありませんでしたが茶道に対する情熱が感じられました。
 
買取しました。
2020-07-11
札幌市内のN様より政所窯の赤茶碗ほか30数点買取をさせて頂きました。ほとんど未使用品で綺麗なものでした。
娘さんの為にと買い集めたとのことですが、不幸にも癌の病で亡くなったそうです。
寂しそうな表情が忘れられませんでした。
 
三彩金襴手龍涛文水注
2020-04-14
  • 中国明時代 16世紀
  • 東京国立博物館蔵
 
金襴手水注
2020-04-09
景徳鎮民窯において明の嘉靖年間に焼かれた金彩の器。上絵付の赤を基調とし金彩を施した一群は日本にもたらされ
高価な染織にたとえられ「金襴手」と呼ばれて珍重されました。本作は金彩の残りが良くとりわけ華やかです。
加島屋広岡家旧蔵 国立博物館蔵 明時代 16世紀 中国景徳鎮窯
 
 
青磁鉢
2020-04-06
日本では古来、茶の湯を背景に龍泉窯青磁が珍重されてきました。
特に美しいと評価されるのが「砧」きぬた青磁ですが釉調や造形において龍泉窯器と異なる特徴をそなえた
本作はかって「砧」を超える南宋修内司の作と考えられました。
川端康成氏旧蔵品 南宋時代12世紀~13世紀  国立博物館蔵
<<有限会社壷中堂>> 〒001-0023 北海道札幌市北区北二十三条西4丁目1-18 吉野ビル1F TEL:011-758-7020 FAX:011-726-1617
茶道具の買取は札幌壷中堂 011-758-7020