茶道具の買取は札幌壷中堂 011-758-7020 茶道具買取北海道札幌市で一番の買取量を確保 茶道具の買取は札幌壷中堂 011-758-7020
 

有限会社壷中堂(茶道具商 壺中堂)|茶道具小売・買取・鑑定|北海道札幌市

qrcode.png
https://www.kochudou.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

茶道具商 壷中堂
〒001-0023
北海道札幌市北区

北二十三条西4丁目1-18

 吉野ビル1F
TEL.011-758-7020
FAX.011-726-1617

─────────────────
1.茶道具 小売・買取・鑑定
2.美術工芸品 小売・買取・鑑定
3.掛け軸 小売・買取・鑑定

─────────────────

北海道公安委員会許可
第101045400056 美術商
070125
 

ブログ

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
仕入れしました。
2021-04-16
京都で西條一斎の棗を仕入れしました。
略歴:
昭和12年生まれ。奈良県。17歳の時から蒔絵師の父奥津洋方に師事。
平成4年淡交ビエンナーレ茶道美術公募展奨励賞。
ほか受賞歴多数。平成11年大阪府工芸功労者知事表彰。
 
買取しました。
2021-04-08
札幌市の裏千家茶道の方より角谷勇治のかわせみ地紋の風炉用釜ほか数点買入しました。
角谷勇治(のちに改名して角谷勇圭)
昭和17年大阪府八尾市出身。父は人間国宝の角谷一圭。
中古品でしたが状態は綺麗でした。
 
 
仕入れしました。
2021-04-05
神戸の業者交換会にて3代 中村道年作 黒茶碗を仕入れしました。
名古屋市昭和区に窯があります。当代は5代目になります。
随分と前になりますが、表千家札幌支部青年部の家元見学会のおり3代道年さんの窯場を訪れ
手造りで楽茶碗を作りました。その折に丁寧に、ご指導いただきました。
その少しあとに道年さんは逝去されました。大変貴重な体験をさせていただき感謝しております。合掌。
 
 
仕入れしました。
2021-03-22
名古屋で開催の業者交換会で仕入れしました。
 
千家十職の16代永楽善五郎(即全)作の富士山の絵の茶碗で表千家13代家元即中斎の箱書。
溜塗の二重箱に収納されています。作家共箱。
 
買取しました。
2021-03-12
横浜市の方より加藤芳右衛門作利休瀬戸茶入を買取しました。
すごく出来の良い茶入です。
 加藤芳右衛門(かとうよしうえもん)
※加藤十右衛門の長男。父の許に在って若いころから、十甫の号で作陶していましたが
美濃伊賀の研究のため、暫く伊賀焼へ遊学の時代もありました。
こうした研究熱心が作品にもあらわれて、黒織部など魅力のある作品をつくっています。
 大萱(おおがや)に八坂彦命の御陵があるところから十右衛門は八坂窯となずけました。
その八坂窯を継承したのが芳右衛門、次男光右衛門は山十窯と称し、三男弥右衛門は大萱窯
と称して三右衛門と呼ばれる。大平の陶祖加藤景豊一派の笠原加藤の流れが三窯の茶陶窯へと
発展。
<<有限会社壷中堂>> 〒001-0023 北海道札幌市北区北二十三条西4丁目1-18 吉野ビル1F TEL:011-758-7020 FAX:011-726-1617
茶道具の買取は札幌壷中堂 011-758-7020